ソリオ値引き交渉を成功させるには

 

ソリオ値引き情報

 

スズキソリオの値引き額詳細

車体価格値引き限界額 オプション値引き限界額
15~18万円 2~3万円

 

合計限界値引き額:21万円

 

目次

ソリオ値引きの絶対条件

ソリオ値引き交渉をする際、最初にしっかりと準備をすることがあります。ソリオを可能な限り安く買うために絶対必要なので、必ず読んでください。

 

ソリオを買う場合、多くのドライバーは今まで乗っていた「愛車」を手放すことになるでしょう。そのとき、多くの人は「ディーラー下取り」を選択してしまっています。

 

「当たり前じゃないか」

 

と思う人もいるでしょう。でも、実はディーラー下取りは大損する可能性が高いのです。

 

ディーラー下取りは安すぎる

 

「ディーラーなら相場で買い取ってくれる」

 

こんな風に思っているかもしれませんが、実際はまったく異なります。下取り価格は買取相場よりずっと安く、平均で30万円ほど安いとまで言われるほどです。

 

その理由はシンプルで、ディーラーは自分自身で販売ルートを開拓していないのです。一方、中古車買取店の場合、中古車を買い取らないと経営が成り立たないので、毎日新たな販売ルートを開拓しています。地元はもちろん、海外などあらゆるルートを作って、高い価格で売れるため、高価格で買取ができるのです。

 

もしソリオの値引きがうまくいったとしても、愛車の下取りが安いので、結果的に数十万円の損をしてしまうことになります。

 

買取相場を知らないと値引き交渉で負ける

多くのドライバーは愛車の相場価格を調べていませんが、そのことは営業マンも良く知っています。そして、ソリオの値引き交渉でそこを突いてきます。

 

 

ソリオの値引きはもう無理です…。ですが、下取り価格アップは可能です!通常10万円のところ、15万円に大幅アップしますよ!


 

↑のようなセールストークが飛び出してきたら、「オトクだな」と思いませんか? 最悪の場合、これが決め手になって契約してしまうかもしれません。「ソリオはそれほど値引きできなかったけど、下取り価格アップするなら買おうかな」と思うかもしれません。

 

ですが、実際には大損なのです。

 

すでに説明したとおり、下取り価格は買取相場より平均で30万円も安いです。なので、ディーラー側が下取り価格を5万円アップしたところで、ディーラーとしてはまったく痛くないのです。

 

以上のように、愛車の買取相場を知らないままソリオの値引きに挑んでも、交渉の土俵に上がることすらできないのです。

 

愛車の買取相場を知っておこう

ディーラーでの下取りを利用する限りは、どれだけソリオの値引きに成功したとしても、トータルマイナスとなるでしょう。だいたい、愛車の買取相場を知らないと、商談をまともに進めることもできないでしょう。

 

なので、ソリオの値引き商談の前に、ひとまず今乗っているクルマの買取相場価格を知る必要があるのです。

 

愛車の買取相場価格を知る方法はたった1つ。それは複数の中古車買取店から「一括査定」を受ける方式です。

 

 

すでに書いたように、中古車買取店は専用の販売ルートを多く持っており、ディーラー下取りよりもずっと高い価格を提示できます。そんな業者は複数競合するので、オークションのような状態になり、さらに価格が高騰していくのです。そのおかげで、ディーラー下取りよりも平均30万円高く買い取ることが可能となります。

 

一括査定は専用の車査定サービスで実行できます。

一括査定サイトはココがおすすめ!

かんたん車査定ガイド

一括車査定サイトはいくつもありますが、その中でオススメなのが「かんたん車査定ガイド」です。

 

入力項目が少なく、30秒程度で査定が完了できるほか、大手業者が多く参加しており、高額査定が出やすくなっています。

 

さらに、最大の魅力はその場で暫定買取価格がわかる機能がある点です。

 

 

↑は査定後の画面の一例ですが、査定完了後すぐに愛車の買取相場が表示されます。この機能は他の一括査定サイトにはない唯一無二の機能です。あとは、この金額をメモしておいてソリオ値引きに活用すればOKです。

 

かんたん車査定ガイドの公式さいとはこちらです。
http://a-satei.com/

 

さらに買取価格を上げたいときは、他の一括査定サイトを合わせて使ってみましょう。もっと多くの業者から査定を受けられるので、高額査定率がぐんとアップします。

 

 

カーセンサー

 

車雑誌として有名な「カーセンサー」が運営している一括査定サイトとなります。リクルート運営なので安心ですし、最大30社から査定が受けられるので高額査定率も高いです。入力項目はやや多いですが数分で査定完了します。

 

公式サイト
http://www.carsensor.net/

 

 

ズバット車買取比較

 

地域密着型の車査定サイトで、全国150社もの大中小の業者が提携しています。そのためその地域に合った業者が指定されるのが魅力です。最大10社の一括査定にも対応しており、高額査定率も高いです。

 

公式サイト
http://www.zba.jp/

ソリオ値引きのポイントは?

 

キーワードは「在庫車」

 

ソリオは売り上げがやや下火なので、ディーラーが在庫車を抱えている場合があります。当然在庫車は早く売却してしまいたいので、値引き幅が大きくなりやすいです。

 

在庫車を見つける方法は簡単で、「ひたすらいろいろなディーラーに足を運ぶ」ことが重要となります。ディーラーに行って、「ソリオの在庫ある?」と直接聞き、ないようならさっさと次のディーラーに行くくらいの気持ちでもいいでしょう。在庫車のある/なしが値引きに大きく関わってくるので、在庫車がないならさっさと見切りをつけても構いません。ただ、入店してすぐに在庫車があるかどうか聞くのはさすがに印象が悪いので、営業マンとちょっとソリオについて話してから頃合いを見計らって聞くようにしてください。

 

また、在庫車がない場合も一応見積書は依頼しておきましょう。後から在庫が発生して、優先的に好条件の連絡が来るかもしれません。

 

同士競合が効果的

 

スズキは各地に経営元の異なるディーラーが点在しているのが特徴です。そのため、同じスズキディーラーでもノルマが異なるためライバル関係となり、値引きしてでもお客さんを奪おうとしてきます。

 

そのため、異なるディーラーのソリオ同士の競合が有効です。同じ車種同士なので、単純に値引きが大きい方が勝つことになり、熾烈な値引き合戦に突入する可能性が高いのです。

 

すでに書いた通り、ソリオはディーラーに在庫があると値引き幅が広がりやすいので、「在庫を抱えたスズキディーラー同士」の競合が最も効果的です。なので、在庫を抱えたディーラーは2つ以上見つけるようにしましょう。通常は、値引き交渉といえばライバル車同士の競合が基本になりますが、ソリオの場合はソリオ同士の競合を優先してください。

 

ただ、ライバル車競合も余裕があれば試しておきたいところです。同士競合はディーラー側も慣れているので、あっさりと引き下がる可能性もあります。そんなときにライバル車の値引きをチラつかせることで、商談に緊張感をもたせることができます。ソリオのライバル車は兄弟車となるデリカD:2、そして同クラスで高い人気を誇るポルテ/スペイドあたりとなります。

 

未使用中古車も探してみよう

 

ソリオは未使用中古車が多く出回っているのが特徴です。いわゆる「新古車」と呼ばれるもので、実際に使用はされていませんが中古車扱いとなり、新車よりもぐっと安く購入することができます。

 

新古車であれば値引き交渉をする必要がないので、手間なく安く購入できるのがメリットです。デメリットとしては、肩書が「中古車」となるためその点に抵抗がある人には向きません。実質新車と同様なら問題ない、という人だけ新古車を狙っていきましょう。

まとめ

ソリオの値引き交渉では、愛車の買取価格の把握も絶対必要です。もし把握しないでいると、ソリオの値引きは中途半端、そして下取りも激安ということになり、ダブルの損失となります。

 

あらかじめ愛車の買取相場を調べるだけで、ソリオの値引きがうまくいき、高く愛車も売れてオトクにソリオを手に入れることができます。

 

ソリオについて

スズキのハイトワゴン風コンパクトカーがソリオです。パッと見は小さく、全長も3710mmと短いのですが、全高はミニバンなみに大きくて広々とした車内空間を備えているのが特徴。リヤシートも後ろよりなので、後部座席も足を伸ばせる広さとなっています。最廉価グレード以外は自動ブレーキ機能なども標準装備されており安全性能にも配慮されています。

 

値引き傾向としては、他メーカーのコンパクトカーに比べて売り上げが落ち込んでおり、値引き幅はどんどん上昇中。コンパクトカーの中ではかなり激安の部類に入ります。ただ何もしないでいると10万円引き程度で決着しようとしてくるので対策は必要です。

ソリオの値引き目標を設定しよう

一番初めに決めておきたいのは、ここまでやるぞ!という明確なソリオ値引き目標金額です。では早速↓の値引き目標金額一覧を見てみましょう。

 

値引き額 難易度 備考
9~12万円 ★★ 初心者
12~15万円 ★★★ 中級者レベル
15~18万円 ★★★★ 目標レベル
18~21万円 ★★★★★ 超上級者レベル

 

ソリオの値引きを限界まで引き出せれば20万円を超すことも可能です。しかし、ここまで行くには長い時間と高い交渉技術が求められます。重要なのは効率よく目標レベルまでソリオの値引き額を拡大することです。この先で紹介する交渉法を駆使すれば、目標レベルであればそう苦労せずに達成できるでしょう。

 

値引き相場が大体どのくらいか知りもせず、非常識な金額を提示しても意味はありません。売っても儲けがまったくないような金額では営業マンをイライラさせるだけです。前もって明確で適切な目標金額を想定しておけば、営業マンとしても落としどころを探りやすくなり、結果的にソリオの値引きもしやすいでしょう。

 

ソリオの平均値引き金額はいくら?

車の平均値引き金額を考える時は「限界値引き金額-5万円」と考えておけばほぼ間違いないでしょう。ソリオの値引き限界額が18万円の場合は、平均額はだいたい13万円くらいになります。

 

なぜ平均額が限界額よりも5万円安いかというと、交渉をする際に値引き交渉をせずに定価そのままでソリオを購入する人がいるのです。このような値引き額「0円」で購入する人が平均値引き額を引き下げているのです。

 

もしもソリオの交渉に自信がないのであれば、背伸びして限界額達成まで持っていく必要はありません。限界額よりも5万円低い平均額で手を打ってみるのも悪くない案ではあります。

ソリオの「オプション値引き」を引き出すには

「ソリオの値引き」とひとくくりにされていますが、実際は「車体」と「オプション」とそれぞれに分かれています。ほとんどの人が思い浮かべるのは「車体価格」に関することで、オプションに関しては関心が薄い人が多いようです。

 

ソリオをなるべく低価格で購入したいのであれば、車体価格はもちろんですがオプションの値引きにも気を使う必要があります。ソリオの車体価格値引きではうまくいかなかったけど、オプションはしっかりとれたから合計値引き額では大成功というケースもあります。

 

こちらでは、ソリオのオプション値引きを成功させるためのコツを解説します。

 

オプション交渉はラストにしよう

 

基本的には車体とオプションの価格交渉は同時に行う方が多いと思います。しかし、どちらかひとつでも難しい商談が同時だとより一層難しくなってしまいます。

 

さらに、同時では「ソリオにもっとオプションを増やしてくれたら、割引額を上乗せします」という口車に乗せられて必要ないオプションを追加してしまうことのもなりかねません。一見、お得なように見えるかもしれませんが、総支払額が増えてしまっては何の意味もありません。

 

ですから、「車体」と「オプション」の交渉は独立させてそれぞれ行いましょう。こうすれば、どうしてもソリオに必要なオプションをつけて、そこから値引きしてもらうという形で交渉が進められます。

 

 

最初に、ソリオの車体価格値引きをきっちりやっておきましょう。それが一区切りついた時点初めてオプションの話を切り出します。この方法であればシンプルな形での交渉が可能です。

 

オプション割引の仕組みを知ろう

 

ソリオのオプション値引きはだいたいオプション総額の10~15%程度引ければ合格点と言えるでしょう。もしもオプションが40万円の場合には4~6万円くらいということになります。

 

実はオプション割引は「無料サービス」という形で行われます。多くの場合は総額から10%引きといった形式ではなく、「○○と○○のオプションを無料でサービスします」といった形で行われます。もしも、オプションを5個設定した場合には1個無料サービスということになります。

 

仮にオプションの総額が40万円だった場合、25,000円のドアバイザーを無料サービスです。ということになった場合は目標ラインに届きません。ですから、追加したいオプションからどれを無料にしたいのかをあらかじめ考えておきましょう。

 

例えば、下記のオプションを追加したい場合ですが

 

  1. ドアバイザー 25,000円
  2. フロアカーペット 25,000円
  3. カーゴマット 20,000円
  4. ナビ 200,000円
  5. コーティング 80,000円
  6. ETC 30,000円

 

  1. フロアカーペット+ドアバイザー 50,000円
  2. コーティング 80.000円

 

この2つのどちらかを選ぶといいでしょう。フロアカーペット+ドアバイザーなら5万円で合格です。コーティング1つで合格を狙っていくのもありでしょう。

 

こういった形で、自分の希望するオプションを前もって決めておき、何を無料にするかも計画しておくようにしましょう。

 

交渉の進め方

 

前述のように、初めてソリオを見積もりしてもらう時は「オプションなし」にして、まずは車体値引きから交渉開始です。目標額に届いたら、そこからオプションを追加していきましょう。ここまでしていなかったオプションの話題になったら営業マンは「商談もいよいよ大詰めだな」と思います。これはオプション交渉に置いて重要な要素になります。

 

いままでオプションの話はまったくしてこなかったこともあって、総支払額は数十万円跳ね上がることになります。これを見て「思ったより高くなっちゃいますね…」と困っているふりをしましょう。営業マンはあわてだすはずです。

 

ここからは、前もって自分の中で決めておいた「無料にしてほしいオプション」を「○○と●●を無料にしてくれれば、予算オーバーしなくて済むんだけど」と切り出しましょう。オプション割引額ははディーラーによっても変わってきますが、10~15%程度であれば即OKが出る確率は高いです。

 

もしもソリオの商談が順調に進んでいるのであれば「契約直前でオプションを追加」という裏技にチャレンジしてみてもいいかもしれません。あらかじめ欲しいオプションを隠しておき、契約書にはんこを押す最後の最後で追加するという方法です。「忘れてた! ××も欲しいんだけど、予算オーバーだからなんとかならないかな?」とお願いしましょう。営業マンからすれば、契約は目の前なのにオプション1つですべてを台無しにするのは嫌ですから、サービスしてもらえる可能性は高いです。しかし、あまりに高すぎるオプションでは成功しませんから、1~2万円の比較的安いオプションでやってみましょう。ここでうまくいかなくても、交渉が決裂するわけではありません。試しにやってみるくらいのきもちでもいいでしょう。

 

うまくいかなければ「社外品」狙いに切り替えも

 

ソリオのオプション値引きはディーラー次第で条件が変動します。下手するとまったく値引きをしてくれないようなディーラーもあるでしょう。オプション値引きが難航しているようであれば、そのまま強行するよりも、感触のよい別ディーラーへ切り替えるのをおすすめします。いままでの交渉を進めていくなかで、他にもよさそうな対抗ディーラーも見つかっているでしょうから、本命を再設定すればいいだけです。

 

ほかのディーラーと交渉しなおす時間がない様であれば社外品に切り替えてみるのもいいでしょう。ドアバイザー、フロアマット、ナビをはじめとしたオプションは車用品店であれば格安で扱っていますので、交渉失敗の埋め合わせができます。

 

さらに、「では、ソリオにオプションはつけなくていいです。社外品を買いますから」とオプションを白紙にすると、ディーラーはあわてて引き留めに来ることもあるでしょう。オプションもディーラーにとっては大切な売上になります。「つけなくていい」となると困るので、ゼロになるよりはと値引きしてくれるのです。

 

あまり強引に押すよりも、軽く引いてみれば効果があることもあります。もしも、相手も引いてしまったらその時は安く上がる社外品にすればいいのですから、こちらが困ることもないでしょう。

ソリオのフルハイブリッドは値引きしてまで買う価値はあるの?

2016年にフルハイブリッドモデルが登場しました。ですが、果たしてコスト面ではお得になっているのでしょうか。コストアップした点とコストダウンした点をピックアップして紹介します。

 

コストがアップした項目

 

車体価格

 

以前からあったマイルドハイブリッドと比較すると車体価格は20万円以上アップしています。軽自動車としては決して無視できない金額です。

 

項目名 マイルドハイブリッド フルハイブリッド
車体価格 169万~190万円 191万~212万円

 

コストがダウンした項目

 

燃費性能

 

燃費は向上していますが、もともとマイルドハイブリッドでも十分燃費はよかったのでそれほど大きく変わりません。

  マイルドハイブリッド(2WD) フルハイブリッド(2WD)
燃費性能(km/L) 27.8 32.0

 

エコカー減税額

 

自動車取得税+自動車重量税に関してはフルハイブリッドの方が優遇されていますが、それでも金額の差は1万円ほどといったところです。

  マイルドハイブリッド(2WD) フルハイブリッド(2WD)
自動車取得税+自動車重量税合計 12100円~12900円 0円

 

 

 

つまりコストがアップした点、コストがダウンした点は以下のようになります。

 

コストダウン コストアップ
燃費 車体価格
減税額

-

 

ここまでみるとフルハイブリッドの燃費性能はアップし、税金面で2万円負担は減っていますが、それでも車体価格25万円近い価格差は簡単には埋まりません。

 

この車体価格差を燃費性能でカバーするためには、30万キロ走ったあたりでようやく釣り合うと言われています。これはいくらなんでも現実的な数字ではないでしょう。

 

つまり、コスト面で考えればフルハイブリッドを選択するありません。

 

あえてフルハイブリッドのいい点を挙げるとすれば

 

  1. 燃費向上したことによる給油回数の減少
  2. 静音性のアップ
  3. パワーの強化

 

この3つです。

  マイルドハイブリッド フルハイブリッド
モーター最高出力(kW/rpm) 2.3<3.1PS>/1,000 10<13.6PS>/3,185~8,000
最大トルク(N・m/rpm) 50<5.1kg・m>/100 30<3.1kg・m>/1,000~3,185

 

↑はマイルドハイブリッドとフルハイブリッドのパワー差比較表ですが、ややフルハイブリッドの方がややパワーがあります。ですから、少しでもパワーがあった方がいい、ということであればフルハイブリッドを選んでもいいでしょう。

 

具体的な交渉テクニックは?

上記の理由からあまりおすすめできないフルハイブリッドですが、それでもどうしても買いたいということであれば少しでも値引きして購入しましょう。

 

フルハイブリッド車はライバル車がまったくありません。ですから異資本スズキディーラー同士を使ったソリオ同士の競合一本に絞って商談を行いましょう。

 

ソリオの各グレードごとの値引きテクニック

ソリオの値引きテクニックは「ソリオ同士の競合」と「ライバル車との競合」を中心に展開していきます。とはいえグレードによって細かな商談テクニックの差は出てきます。

 

この先はグレードごとにおすすめのソリオの値引きテクニックを覚えていきましょう。
※Gに関しては人気が低いため紹介を割愛させていただきます。

HYBRID MXの交渉テクニック

 

MXグレードは廉価なグレードです。この場合は、異資本スズキディーラーでソリオ同士を競合させることにより価格競争に持ち込むのがシンプルで効果も見込めるでしょう。

 

このグレードを狙っていく場合は「価格を重視している」ことを前面に出していきましょう。廉価グレードを買いに来たお客さんが「とにかく安くしてください!」と押してくるのはむしろ自然なことです。「このお客さんはとにかく安くソリオが欲しいんだな」と思うので違和感を覚えることはないでしょう。

 

また、営業マンとしてもややこしい商談よりもシンプルな商談の方がやりやすいですから、値段で勝負すればいいお客さんは歓迎でしょう。「割引さえすればこのお客さんは買ってくれる」という一点に考えを絞ることができますから、残りは「どのくらい安くするのか」というとても単純な勝負になります。こうなってしまえば商談も手短に終えることができますから、双方に得があります。

 

ライバル車競合はあまり使わない方がいいでしょう。単純な短期勝負を仕掛けるのが廉価グレードでのコツですから、もしもライバルをからめたら複雑になり商談も長期化してしまいます。「価格を重視」の考え方にもブレが出てしまいます。上でも書いたようにソリオ同士の競合でシンプルに勝負しましょう。

 

ソリオ同士競合一本に絞っていきましょう。ライバル競合はコスト重視路線からブレる可能性がありますので、行き詰った時以外にはおすすめできません。

 

HYBRID MZの交渉テクニック

 

MZは上級グレードですから価格も高く、装備内容も充実しているグレードになります。

 

ソリオのMZグレードを値引きしたい場合には、「ライバル競合」を狙っていきましょう。MZを欲しいということは、車を選ぶときに装備を重視しているということですし、それはもちろん営業マンにも伝わります。そこで、同価格帯のライバル車を競合させていきましょう。商談の前に必ず、ソリオやライバル車にどんな装備があるのかを把握しておくのも忘れないようにしましょう。装備重視のはずなのに、ソリオやライバル車の装備を知らないと商談の際に不信感を抱かれる原因となってしまいます。

 

ライバル車には以下の表からどれかを選びましょう。

 

車種名(グレード名) 価格 アピールポイント
ソリオMZ 169万円 -
タンク G“S” 168万円 荷室・室内空間が広い
ルーミーG“S” 168万円 荷室・室内空間が広い
トールG“SAⅡ” 168万円 荷室・室内空間が広い

 

ソリオのライバルは、このダイハツのトールかトヨタのタンク/ルーミーくらいしかありません。種類は少ないですが、強力なライバルですので効果は期待できます。

 

全てのライバル車に共通しているのは、荷室と室内空間が広いことです。2列目シートの横幅が広く楽々3人乗りこめることやシート自体のスライド幅、荷室に詰める用量などを積極的にアピールしていきましょう。「タンクは広々としてるから家族で乗るにはそっちの方がいいかな、ソリオももうちょっと安くなれば考えるんだけど」という話をすればソリオの値引きを引き出していけます。

 

廉価グレードで有効だったスズキ異資本ディーラー同士競合についてはMZでは避けた方がいいでしょう。「予算を抑えたいのでしたらグレードを一つ下げたらどうでしょうか」という話になると困ります。あくまで「MZ」を安く買いたいのですから、こういった展開になるのは避けたいところです。

 

価格帯を合わせてうまくライバル競合に持ち込んでいきましょう。ソリオ同士の競合はどうしてもうまくいかない時まで温存しましょう。

 

バンディット(HYBRID MV)の交渉テクニック

 

バンディットを選ぶ場合であれば、上記で説明した2つの競合を併用していきましょう。

 

理由は以下の二つです。

 

  1. バンディットには下のグレードはありませんから、価格勝負してもグレードを下げたら?とは言われることはありません。
  2. 価格帯の合う強力なライバル車も存在します。

 

異資本スズキディーラー同士の競合とライバル競合組み合わせて、有効に割引を獲得していきます。ただし、いきなり真っ向から値引き交渉を持ちかけると営業マンが警戒する傾向にあるので、その後の商談がうまくいかないかもしれません。まずはライバル競合でいけるだけひっぱり、最後の一押しとしてソリオ同士の競合を使っていきましょう。

 

車種名(グレード名) 価格 アピールポイント
ソリオバンディットMV 184~201万円 -
タンクG-T 180万円 荷室・室内空間が広い
ルーミーG-T 180万円 荷室・室内空間が広い
トールGターボ“SAⅡ” 180万円 荷室・室内空間が広い

 

バンディットの場合もライバルは↑の3車種になります。同じように荷室の広さ、2列目シートの横幅やスライド幅をアピールしてソリオの値引きを引き出しましょう。

 

バンディットは値段重視と装備重視両方の競合を使っていきましょう。ただし、完全に並行して行うのではなく、まずは最初にライバル競合を行い、仕上げにソリオ同士の競合を。

 

フルハイブリッドグレード(SZ・SX)の交渉テクニック

 

フルハイブリッドグレードの場合は値段や装備状況等を考えるとライバル車が一つもありません。

 

他に選択肢もありませんので、交渉の際にはソリオ同士の競合を行っていきましょう。

 

フルハイブリッドの値引きに関して、さらに詳しく知りたい方は↓こちらをご覧ください。
>>フルハイブリッドは値引きしてまで買う価値はあるの?

 

ソリオの展示車は値引きして買えるの?

展示車は、文字通り「スズキディーラーに展示してある車」です。実際にお客さんが乗り込んでシートに座ったり、車体に触ることもありますから、どうしても細かい傷や汚れがついてしまいます。となると、「汚れている分安く買えるのでは?」と思っている方も多いようです。

 

実際にソリオは人気車ですから展示されていることも多く、安く購入できたという方もいるでしょう。ですが、一概に展示車を買えればお得という訳ではないのです。

 

ソリオの展示車にはクリアしなければいけない問題点がたくさんあります。最初に、展示車はボディカラーや装備は固定となっていますので、自分が理想とする条件に合致する可能性が低いです。展示車を買えるとしても、色やグレードや装備が自由になるわけではないことを忘れないようにしてください。

 

次は新車登録についてです。ほとんどのディーラーは日常的にノルマについて悩んでいます。少しでもノルマの足しにしようと、展示車を新車登録して実績に加えているのはめずらしいことではないのです。この展示車は1オーナー車ということになりますから、購入すれば2オーナー目になります。乗りつぶすのであれば大きな問題ではありませんが、今後売却する際には価格面で不利になる可能性はあります。

 

展示車を安く買えたからと言ってトータルでは得しているとは限らないのです。

 

そんなリスクがあるなら展示車はやめておこう。と思った場合でも注意しておきたい点があります。展示車を希望したわけでもないのに、いざ納車されたら、展示車だった、などということがあり得るのです。ディーラー次第ですが、営業マンレベルでは納車されてみるまでそれが展示車かどうかわからない場合があるのです。ですから、何も気にせずにいると知らないうちにソリオの展示車が納車されてしまうこともあり得るのです。

 

こんなことにならないようにするためには、交渉中に「展示車は絶対に納車しないでください」という意思を明確に伝えておかなければなりません。注文書の特記事項に「展示車お断り」という形で明記しておきましょう。またソリオのシートに掛かったビニールははがさずそのままにして納車するようにしておきましょう。

 

念には念を入れて展示中のソリオの車体番号をメモしておいてもいいでしょう。ここまでやっておけば、こちらの警戒が伝わります。営業マンも「展示車納車はしない方がいいだろう」と思いますので、展示車のソリオ納車を防ぐことができます。

 

決算の時期は安い? 時期によるソリオ値引き額の違い

「新車を買うなら安く買える決算の時期に」と思われている方が多いようです。基本的にそれで問題はないのですが、決算期以外に買うと大損をするというわけではありません。

 

それぞれの時期で最適な交渉方法を覚えておけば、ソリオの値引きを大きく引き出すことができるでしょう。メーカーによっても最適な交渉方法はかわってきます。ですから、ソリオを販売しているスズキのケースをピックアップして時期ごとの交渉方法を紹介していきます。

 

スズキの自動車販売方式を覚えておこう

 

各メーカーで販売常識は違っており、↓のようにおおきく2つにわけることができます。

メーカー 販売方法 説明
スズキ、ダイハツなど 在庫車販売中心 メーカーがあらかじめ生産しておいた「在庫車」をディーラーが保管しお客さんに販売する。
トヨタ 受注販売中心 お客さんから注文を受けたディーラーが、その内容をメーカーに伝えて生産開始。

 

↑の表のように、ソリオを販売しているスズキの販売方式は在庫車販売中心です。事前にソリオを大量生産しておき、ディーラーは「在庫車」を保管しておくという方式になります。

 

反対にトヨタは在庫車をキープしていません。在庫に圧迫されるリスクを避けて、注文を受けた後に作り始める「受注販売」を行っています。

 

スズキが在庫車販売方式を採用している理由は製造コスト削減です。前もってソリオの同一グレードを大量生産するという方式であれば、製造コストは大きくカットできます。ですが、コストは下がる代わりに在庫車を抱えてしまうのは避けられない問題です。

 

ディーラーからすれば、在庫車を多くし過ぎたくないというは常に付きまとう問題です。しかし、これはお客さんの側から見ると商談の材料になります。ディーラーからすれば「安くしてもいいからソリオの在庫車を減らしたい」と思っていますから、値引きを大きく引き出すチャンスなのです。

 

一番安くなるのは決算ですが、ソリオの大型値引きを狙うなら「ディーラーの在庫数チェック」が大きなポイントになることを忘れないようにしましょう。

 

在庫数チェック方法として簡単なものは「納車までの期間」の確認です。納車が早い=在庫車がたくさん余っていると考えて間違いはないでしょう。異資本スズキディーラー同士の競合では納車期間の早いディーラーを本命に据えて勝負しましょう。そこからなるべくたくさんのディーラーをからめて割引を展開していきましょう。

 

1月~3月(決算期)交渉方法

この先は各時期で、具体的にこんな形でソリオの商談を行えばいいかという解説をしていきます。

 

まずは1~3月の決算期です、1年間で一番車が売れる時期で大きな値引きを期待できる時期です。ソリオの売り上げも最も大きいでしょうが、それでもディーラーは「もっともっと売り上げが欲しい」という状態になっています。

 

在庫車の数に関してはややマイナス材料です。この時期は放っておいてもどんどん売れてしまいます。ソリオの在庫を早くさばきたいから値引きする、という形の商談を展開することはむずかしいでしょう。

 

その上、決算期はお客さんでディーラーはごった返しています。お客さん1人1人に細かい対応を行っている時間はありません。納車期間をチェックしたり、じっくり信頼関係を気づくというような長期戦は効果が薄くなります。

 

もしも、3月の決算期で勝負する方針であれば、動き出すのは3月になってからでは手遅れです。1~2月頃、できれば新春早売りから動いておくのがいいでしょう。スタートが早ければ3月の時点では既に営業マンとの信頼関係は深まっています。納車状況もしっかり教えてくれるでしょうから、在庫数の多いディーラーを本命に据えて勝負をかけましょう。

 

この時期はディーラー全体がとても忙しくなっています。シンプルなソリオ同士競合がおすすめの交渉方法です。複雑なライバル競合を持ちかけると「時間がかかりそうだからこの客は後回し」と思われてしまうこともあるでしょう。ソリオ同士の競合は交渉時間も短くまとめられますので、印象もよくなって値引き額も大きくなります。

繰り返しになりますが3月から動いても決算狙いには間に合いません。次の「4~6月」の前準備期間にあてましょう。

 

第一四半期(4月,5月,6月)の交渉方法

 

決算のすぐ後であれば、お客さんは大きく減ってディーラーもすいているでしょう。とにかくこの時期は車の売れない時期で、それはもちろんスズキもわかっています。

 

ソリオの生産数は控えめになっていますから、在庫が余りすぎで困ることはないはずです。しかし、それを鑑みても車がまったく売れないのです。ディーラーとしてはノルマに関して悩みつづける季節でもあります。これはお客さんから見ればつけこむチャンスとなります。

 

決算期のように大勢のお客さんが詰めかけているわけではありませんから、顔を覚えてもらうのも簡単です。営業マンも時間を持て余していますから、商談に時間をかけても問題ありません。ソリオ同士の競合だけでなく、ライバル競合をからめた複雑で長時間かかる競合でも印象を悪くすることはありません。

 

この時期はお客さんの少ない時期ですが、6月は第一四半期末ですから実績も欲しい時期です。4月くらいから動き出しておき、6月末を目標に商談を進めれば、ソリオの大型値引きを狙うことができます。決算期と比べてしまうと値引き額は少なくなってしまうかもしれませんが、商談の難易度自体は低い時期になります。交渉をしたことがない初心者はこの時期を狙うのもいいでしょう。

 

6月からでは動きだしが遅いので第一四半期末には間に合いません。次の夏商戦へとターゲットを切り替えていきましょう。

 

夏商戦(7月,8月,9月)の交渉方法

7~8月は夏商戦です。この期間は夏休み、「観光やレジャーのために新車が欲しい」という需要が大きくなってくる季節でもあります。ソリオも夏休み・お盆にかけて需要が高まりはじめ、スズキもそれを後押しするようにフェアや広告を打ってきます。

 

夏商戦では荷室が広くレジャーにも役立つタンク/ルーミーやトールと競合させていきましょう。ソリオ同士の競合もからめて大きな値引きをゲットしましょう。

 

その上に、9月には半期決算になりますので、年度末決算に負けない熱気がディーラーにはあります。最近はどこのメーカーも半期決算には力を入れています。ライバル車種の値引きも引き出しやすいので、夏商戦のようにライバル競合が効果的でしょう。

 

ディーラーに力が入っているとお客さんの数も増加します。夏商戦~半期決算のあたりの活気のあるタイミングで初来店してもお客さんが多すぎて印象を残すことはできません。早めの動きだしで印象を残していきましょう。夏商戦をターゲットにするのであれば6~7月、半期決算ならば8月中旬お盆よりは前に動いておきたいところです。

 

8月後半~9月に動くのなら、年末商戦を狙っていった方がいいかもしれません。

 

年末商戦(10月,11月,12月)の交渉方法

年末商戦(10~12月)は夏商戦や半期決算の勢いを引き継いでおり、ディーラーはにぎわっています。この時期はとにかく「年内納車」について考えて動くようにしましょう。スズキは「在庫車販売」を中心に展開していますので納車はスピーディです。そのため10~11月くらいから動いておけば無理なく年内納車をクリアできるでしょう。

 

営業マンとしては納車作業をはじめとした業務をできる限り翌年に引っ張りたくありません。短期決戦狙いの大型割引が飛び出すことも珍しくないのです。商談が複雑化しないようにソリオ同士のシンプルな値引き勝負を仕掛けましょう。ライバル競合では商談が長くなり、越年の可能性も出てきますから営業マンには喜ばれません。

 

納車が早いとはいえ、12月を過ぎてから動いては年内納車は厳しくなってきます。交渉が決着するのは翌年になるでしょう。ですが、問題はありません。12月が過ぎれば1年でもっとも車が安く買える1~3月の年度末決算期になります。

 

1~3月は多くのお客さんでディーラーは埋め尽くされて1人1人の顔を覚える余裕はなかなかありません。先行して12月から来店しておくことで、既に印象を深くしたところで商談に入ることができます。ソリオ以外の車でももちろんですが、決算期は大きな値引きが期待できる時期です。その下準備として12月から来店しておいても何の問題もありません。

 

ソリオはモデルチェンジを狙って値引きできる?

全ての車について言えることなのですが、フルモデルチェンジすると値引き事情が変わってきます。

 

ソリオもそれは一緒で、2015年のフルモデルチェンジで値引き事情は一変しました。

 

時期 限界値引き額 説明
2015/01~08 約19~22万円 3代目末期
2015/08~12 一律10万円引き 現行モデル発売直後
2016~現在 約13~16万円引き -

 

上記の表は前回行われたフルモデルチェンジ前後のソリオ値引き相場の変化です。3代目は5年ほど続いたために末期ではかなり値引き額が伸びています。そこからフルモデルチェンジには10万円引きというかなり渋いところまで落ち込んでいます。その後価格は回復し続け、現在では表の様な価格にまで戻っています。

 

気になるのは次のモデルチェンジがいつになるのかというところです。前身のワゴンR+時代にはめまぐるしくモデルチェンジを繰り返していますが、ソリオ後は売り上げも安定したのか5年間フルモデルチェンジはありませんでした。次回も同じくらいの期間があると考えると、次のフルモデルチェンジは2020年頃ということになります。

 

つまり、しばらくはソリオフルモデルチェンジによる値引き額の大幅な落ち込みはないと予想されます。マイナーチェンジによって微妙に落ち込む可能性はありますが、すぐに戻るでしょう。

 

モデルチェンジを気にして悩むよりも、基本的な交渉方法を押さえて確実にソリオの値引きを勝ち取っていきましょう。

 

 

ソリオ値引きの各ディーラーの特徴・地域による違い

 

ソリオの値引き額は、どのディーラーを使ったところで変わらないのでしょう?

 

と思っている方がたくさんいるようです。しかし「スズキのディーラー」とひとまとめにすることはできません。「正規ディーラー」「業販店(サブディーラー)」には大きな違いがあります。「自宅から近くて便利だしここにしよう」と何も考えずに選んだ場合に、実際にソリオを商談を始めた時に困ることも出てきます。

 

まずはスズキディーラーのそれぞれの特徴を説明していこうと思います。

 

異資本正規ディーラーを見分けるコツ

 

スズキディーラーにも

 

 

正規ディーラー
サブディーラー(業販店)

 

の2種類があります。

 

最初に正規ディーラーについてになりますが、

 

スズキ自販○○
○○スズキ
○○スズキ販売

などという名前がついており、○○が一文字でも異なっていれば異資本ディーラーです。相見積りで交渉を有利に進めることができます。

 

次はサブディーラーです。こちらは自動車修理や中古車販売がメインで、副業としてスズキの新車を売っているディーラーです。

 

(社名なし)スズキアリーナ○○
「スズキ」が入らない社名

 

サブディーラーは↑こういった名前がついていることが多いようです。

 

地域ごとのディーラーに関して詳しく調べたい方は、スズキ公式ページの販売店検索を行いましょう。

 

スズキ正規ディーラー

 

支店名が違っても、会社名が一緒であればそれは「同一資本」となります。会社はどちらの支店で売れても同じですから、競合を仕掛けることはできません。ですが、会社名が違うのであれば「異資本」となります。当然、お客さんは取り合いになります。

 

値段競争であれば、都市部のディーラーは郊外店よりも資本力を持っていることが多く、好条件をぶつけてくることが多いです。ですから都市部を本命、地方を対抗として競合させた方が効果的です。

 

効果的な攻め方としては「スズキ車は品質がいい」ということを営業マンにアピールしていく形になります。「とにかくスズキ車が欲しいから今回もソリオに決めた。でも妻がトールにしたいと言ってるから説得したい」という形のほぼ泣き落としのような戦法が有効でしょう。ソリオ同士を競合させてしまうと、安売りを強要するような形になって、プライドを傷つけてしまい値引き戦術としては効果がない場合もあります。

 

スズキ業販店(サブディーラー)

 

スズキの正規ディーラーは数が限られています。ですから、全ての地域にあるわけではないのです。これを解決するために、スズキでは「業販店」という形でも新車を販売しています。このスタイルを有効活用し、郊外など広い範囲をカバーしています。

 

業販店の特徴としては

 

メイン業務は自動車修理、スズキの新車販売は副業。
メイン業務はスズキの新車販売、自動車修理は副業。

 

↑の2つの形式となっています。メイン業務が新車販売のディーラーは値引きにも積極的です。ですが、メインにしておらず、あまり力を入れていないディーラーとは交渉も軌道に乗らないこともしばしばです。

 

つまり、サブディーラー相手の交渉をする際に最重要なポイントは「ディーラーが積極的かどうか」です。新車販売には力を入れてないのかな? と判断した場合は、時間の無駄ですから早急にその店舗との交渉はやめましょう。なんとかならないかな? と引っ張ったところで成果はありません。

 

それに加えて、サブディーラーであれば正規ディーラーから卸してもらった車に手数料を上乗せして売っています。どうしても手数料分の値引きは少なくなりますから、正規ディーラーと勝負するとソリオの値引き額では渋くなることが多いです。よほど積極的でもない限り、サブディーラーはあくまで保険として正規ディーラーを本命としましょう。

 

大都市の交渉テクニック

 

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県(名古屋)、京都府、大阪府

 

ソリオ値引き難易度:★★

 

スズキディーラーの基本的な特徴を覚えたら、続いて地域ごとのソリオ値引きテクニックに移りましょう。

 

まずは大都市です。大都市は何と言っても人が多く、ディーラーの数が豊富です。それほど足を延ばさなくてもスズキの正規ディーラーを見つけることができるでしょう。トヨタやダイハツなどライバルディーラーも数多くありますので、タンク/ルーミーやトールの見積もりをあらかじめとっておいて、ソリオの商談のネタにすることができます。

 

隣県まで足を延ばして、異資本の正規ディーラーを狙っていくのも有効です。大都市圏にはもっと安くならないか!と押してくお客さんも珍しくはありません。ですから、スズキ車同士の値引き合戦に持ち込むのもいいでしょう。メインはライバル車との競合、仕上げにスズキ車同士の競合を追加するという先方が有効です。

 

ディーラー数が多いということは再チャレンジもしやすいという利点があります。具体的に言うと、東京ならば、もしもちょっと強引過ぎて商談が失敗しても隣接エリアの埼玉千葉神奈川のディーラーに切り替えやすいのです。商談の経験を積むことも重要ですから失敗を恐れずドンドンいきましょう。

 

地方都市の交渉テクニック

 

北海道(札幌市)、宮城県(仙台市)、兵庫県(神戸市)、広島県(広島市)、福岡県(福岡市)など

 

ソリオ値引き難易度:★★★

 

 

地方都市であっても大都市と大きく方針が違うわけではありません。とはいえ、比較すれば人口やディーラーの数は少ないですから難易度は若干アップしています。

 

大都市の場合のように、ダイハツやトヨタのようなライバルディーラーと競合させ、そこに異資本スズキ競合をからめていきます。

 

ですが、地域によってはディーラーの数が限られており、正規ディーラーは1社しかないという場合も考えられます。例として北海道を挙げると「株式会社スズキ自販北海道」しかありませんので、失敗してしまったら切り替えて他の正規ディーラーという訳にはいきません。大都市ならばじゃあ次へ、となっていたのですが地方都市ではそうもいきません。正規ディーラーとの商談はくれぐれも慎重に進めるようにしてください。

 

逆に、地方都市はサブディーラーの数が多くなってきます。そこで、サブディーラーを競合させるという手が有効になってきます。サブディーラーは別の会社ですので、ソリオの相見積もりを出すことで客の奪い合いになり、大きな値引きを引き出せることになります。気をつけてほしい点はサブディーラーは正規ディーラーとのつながりがあるということです。サブディーラー同士の相見積もりが正規ディーラーにばれると、交渉をした際に不利になる可能性があります。最初は正規ディーラーと交渉し、うまくいかなかったら切り札としてサブディーラー同士の競合をさせるといいでしょう。

 

地方都市ではトールなどのライバル車競合を基本線に競合するといいでしょう。隣県への越境が容易なら異資本スズキをからめていきましょう。

 

郊外・田舎での交渉テクニック

 

その他のエリア

 

ソリオ値引き難易度:★★★★★

 

郊外・田舎では上で紹介した2つとはディーラー状況が大きく違います。場所によっては「近所に正規ディーラーが1つもない」ということも考えられます。なので、大都市や地方都市の比べるとソリオの値引き獲得難易度が上がってくるのです。

 

郊外ではスズキ同士の競合をするにも遠出する必要が出てきます。効果はあるかもしれませんが、時間を使いますのであまりおすすめできません。その時間を使ってトールやタンクをライバル競合させたほうがいいでしょう。

 

近場に正規ディーラーがまったくないのであれば、サブディーラーを相手に交渉することになります。しかし、サブディーラーの反応がよくなければ、遠かったとしても正規ディーラーと交渉をした方がいいです。いくら近くてもやる気のないサブディーラーを相手にした交渉は時間の無駄です。

 

地方では人口が少ないため、ディーラーを訪れるお客さんの数も少ないです。その為、訪れたお客さん1人1人を大切にしています。最初はゆっくりと世間話などして関係を暖めていきましょう。「このお客さんとは長い付き合いになりそうだ」と思ってもらえれば、自然とソリオの値引きを引き出せるでしょう。また、郊外店では交渉経験の浅い営業マンも少なくありません。この場合はいきなり値段の話から入るのではなく「昔からスズキ車に乗っていて今回もそうしたい」というような話から入っていく方がいい印象をあたえることができます。

 

長時間かけて交渉を煮詰めていくのであれば、「地方都市」「大都市圏」のディーラーを競合させるのもいいでしょう。都市部であれば郊外と比べてソリオの値引きが伸びやすく、お客さんを取ってやろうという気持ちも強いです。近くのディーラーが頼りないのであれば、見積もりを持ったうえで大都市のディーラーに行ってみるのも戦術の一つです。

 

2017年のソリオ値引き事情はどうなる?

 

ソリオのモデルチェンジは大体2020年あたりと予想されていますので、2017年にはないでしょう。

 

年月 ハスラー値引き相場(車体価格)
2017年/1月 13~16万円
2017年/2月 13~16万円
2017年/3月 13~16万円
2017年/4月 13~16万円
2017年/5月 15~18万円
2017年/6月 15~18万円
2017年/7月 15~18万円
2017年/8月 15~18万円
2017年/9月 17~20万円
2017年/10月 17~20万円
2017年/11月 17~20万円
2017年/12月 17~20万円

 

↑は2017年値引き相場変動の予想表となります。フルモデルチェンジはないと予想されますから、急激に渋くなることはないでしょう。元々車体価格が安いこともあり、これ以上の伸びは期待できないでしょう。

 

基本的なライバル競合や異資本スズキ同士の競合を駆使して堅実にソリオの値引きを引き出しましょう。モデルチェンジを気にする必要はありません。

 

ソリオ値引き体験談投稿フォーム

 

ソリオの値引き実例レポートを募集しています。他にも、ソリオの乗り心地など、どんな感想でも構いません。下記フォームから、どしどしご投稿ください!

 

投稿いただいた内容はこちらに掲載しております。

 

※公序良俗に反する内容などは掲載できません。あらかじめご了承ください。

 


 

 

↓今話題の低燃費ディーゼルSUVのCX-3の値引き情報はコチラ↓

CX-3値引きの条件