ソリオのライバル車を知ろう~競合方法~

ライバル車競合もからめて効果的に値引きをする

ソリオの値引きはソリオ同士の競合が基本ですが、幸いソリオには「デリカD:2」というOEM車があり、デリカとの競合も非常に強力です。同士競合と合わせて交渉することで、とんでもない値引きを引き出せる可能性があるのです。

 

ただ、この交渉術は相手の営業マンも当然把握しているので、そればかりだと交渉がマンネリ化してしまう恐れがあります。なので、交渉に刺激を与えるために他メーカーのライバル車との競合も視野にいれたいところです。

 

ソリオには、フリードスパイクやラクティスなど、コンセプトの似たコンパクトカーは他メーカーから多く発売されており、それらの車種と競合させていけば効果が高いです。営業マンを納得させるためにも、事前にこれらのライバル車についてはしっかり把握しておきましょう。

 

なんといってもデリカとの競合が強力

 

ソリオには、OEMとして三菱自動車から「デリカD:2」という兄弟車が発売されています。見た目も内容もほとんど同じなので、単純な価格競争に持ち込むことが可能です。

 

しかも、通常兄弟車競合はあまりうまくいかないことも多いのですが、ソリオとデリカの場合はスズキと三菱がお互いに意識しあっているためガンガン値引きが伸びることが多いです。なのでソリオ値引きをする場合には必須の要素と断言してもいいくらいです。こういってはなんですが、デリカはもはや「ソリオを値引きするために存在する車」と言っても過言ではないほどです。

 

当然、交渉の過程でデリカの方が安くなる場合もありますので、そんなときはよほどソリオにこだわりがない限りはデリカを購入すればよいでしょう。中身は同じなので問題はありません。

 

競合のポイントは特にありません。ダイレクトに「デリカD:2の方が安くなりそう」と伝えれば、スズキの営業マンの心のスイッチが入ることでしょう。

 

フリードスパイクとの競合も効く

 

「ミニバンっぽいコンパクトカー」という部分で重複するのがフリードスパイクです。

 

ただ、価格帯はフリードスパイクの方が若干高いです。なので、価格競争に持ち込むのは難しいでしょう。

 

なので、アピールポイントとしては「燃費性能」です。フリードスパイクはハイブリッドモデルが用意されており、燃費性能が21.6km/リットルとそのサイズの車ではなかなかの低燃費となっています。「フリードスパイクのほうが大きいのに燃費性能はいいし、あっちとソリオで迷っている」などといってプレッシャーをかけていきましょう。

 

ラクティスとの競合も面白い

 

価格帯が近く、キャラが似ているのがトヨタのラクティスです。室内空間が広く、ガソリンエンジンでも20.0km/リットルの燃費性能もソリオと近いところがあります。

 

なんといってもポイントなのは「トヨタ車」という点です。トヨタは今日本でもっともシェアの大きい自動車メーカー。しかも今なお勢力拡大中ということでその他のメーカーは非常に警戒しているところがあります。

 

なので、「ラクティスとも迷う。すぐ近所にディーラーもあるし後々のことを考えると…」などと言ってプレッシャーをかけると効果大です。「トヨタにだけは負けたくない!」と思わせることができれば、値引きを頑張ってくれることでしょう。

 

アクア・フィットなどとの競合は難しい

 

コンパクトカーというとアクアやフィットなどを思い浮かべます。確かに価格帯は似ていますが、車のキャラが違います。同じコンパクトカーといっても、アクアやフィットは車高が低めの燃費性能重視の車。一方ソリオは車高が高くどちらかというとミニバンのような車です。ジャンルが違う車同士の競合も不可能ではありませんが、営業マンを納得させるのに高い交渉スキルが必要となります。

 

せっかくソリオにはデリカD:2という最高の競合車があるのですから、あえてアクアやフィットを競合に選ぶ必要はないでしょう。