ソリオの燃費性能はいい?悪い?実燃費は?

ソリオの燃費性能を評価する

ソリオはいくつかのグレードに分かれており、ハイブリッドの有無や駆動方式によっても燃費性能が変わってきます。なので選んだグレードなどによっては思ったほど燃費がよくない…なんてこともありえます。

 

まずはしっかり燃費性能について把握しておきましょう。

 

グレード名 駆動方式 燃費性能(km/リットル)
G FF 24.8
G 4WD 22.0
HYBRID MX、HYBRID MZ、バンディット FF 27.8
HYBRID MX、HYBRID MZ、バンディット 4WD 23.8
HYBRID SX、HYBRID MX、バンディット SX(フルハイブリッド) FF 32.0
HYBRID SX、HYBRID MX、バンディット SX(フルハイブリッド) 4WD -(4WD設定なし)

 

 

最廉価グレードは燃費も微妙

 

最廉価グレードのGはハイブリッド非搭載となるので、燃費性能的には24~25km/リットル程度となります。それほど悪い数字ではありませんが、昨今の低燃費競争から考えるとやや物足りないスペックとなります。また、ソリオのハイブリッドモデルとの燃費コストは走行距離が増えれば増えるほど広がっていきます。

 

ソリオのグレード選び方

 

なので、燃費性能的に見ても最廉価グレードは微妙ということができます。

 

ハイブリッドを選ぶか?選ばないか?

 

ハイブリッドは確かに燃費性能が向上しますが、その分車体価格も上がります。なのでどちらを選ぶと得なのか迷う方もいるでしょう。

 

なので実際に計算してみました。ハイブリッドのある/なしでは、1km走行するごとに0.6円の差が付きます(ガソリン価格を1リットル120円とした場合)。ハイブリッドのある/なしで車体価格差は25万円ですから、単純に燃費だけを考えた場合は40万キロほど走らないとハイブリッドなしのほうがオトクということになりmさう。

 

しかし、ハイブリッドのある/なしでは装備面でも大きな差が出ます。その分の差も考えると、実際にはハイブリッドそのもののコストはもっと小さいはず。なので7~8万キロ程度走れば車体価格差はペイできると考えていいでしょう。もちろん、数年で乗り換えるようだとハイブリッドの方が割高になる可能性はありますが、10年程度じっくり乗るならハイブリッドのほうが燃費コスト面でも上回ってくるでしょう。

 

4WDは必要か?

 

表を見てもわかるとおり、4WDはFFに比べて燃費性能が低下します。特に顕著なのがハイブリッド付きの場合で、2割ほど燃費が落ちてしまい、ハイブリッドナシの場合とあまり変わらない燃費性能となってしまいます。

 

さらに、4WDはFFに比べて車体価格も15万円以上アップします。車体価格が上がり、なおかつ燃費コストもあがるということで、コスト面での負担は多少大きくなることを覚悟する必要があります。

 

なので、まず第一に、ハイブリッドを付ける場合は4WDは選ばないようにしたほうがいいでしょう。

 

また、雪道を走る機会が多かったり、アウトドアに出かけることが多いようでなければ、あえて4WDを付ける必要性はないでしょう。どうしても必要という場合のみ、DJEナシのモデルに4WDを付けるようにすると後悔しないでしょう。

 

ソリオの実燃費はどうなの?

 

ソリオは発売されてから期間が経過している車種なので、ネットなどで実燃費報告が多く出回っています。

 

そのデータを集計すると、だいたい以下のような実燃費となりそうです。

 

ハイブリッドなし:14~17km/リットル
ハイブリッドあり:16~20km/リットル

 

4WDの場合はこの数値にマイナス2km/リットルというところです。

 

概ねカタログスペック通りの燃費性能が出せていると思われます。